おそらのうえ

いま現在、宇宙は広がっている時期なのかそれとも縮んでる時期なのか?と ぼんやり気になってたところに、(横入りでフィラデルフィアの) 髭づらのおっさんから「脳が広がるから聞いてみなよ」と薦められたのが ニュージーランドのインディーエレクトロ、スペースアバーブ。 脳は広いかもしんないけど、時期的に「すっかり縮むいっぽうなんだよな」と ブツブツ言いながらちじこまって聞いてみた。 Space Above – Hold In Space Above – Hold In スペースアバーブは、nzのどインディーバンド「The Naked And Famous」の アーロン (Aaron Short) さんが友人のサム (Sam McCarthy) とインディーに はじめたサイドプロジェクト。

またミントの清涼感~夏の涼作戦3

暑いときは着てるもんを脱ぐ・・・とにかく脱ぐ。 「今夏デビューのダークポップ。」と言われたから 「ゼヒもので紹介しないわけにはいかない。」とわたしおもた。 のはこのまえ書いたとおりなんですね。おまけに。 おまけに。このスウェーデン女子をもういちど紹介しようとおもた。 MIYNT https://www.facebook.com/miynt だがしかし。だがしかし。 彼女のきょう掲示する曲は期待するほどダークな装飾じゃない。 しかもダークな装飾をし忘れてるのかもしんないカバー曲です。 _orz にしてもあつい。きょうもあつい。清涼感の足しに なれば、と期待して・・・。雷雨がやってくるまえに。 MIYNT – Baby One More Time MIYNT – Baby One More Time チャオ

The MASH (ザ・マッシュ)

The MASH (ザ・マッシュ) – Misery Of You And Me The MASH (ザ・マッシュ) – Misery Of You And Me 本日のアーティストは近隣アジアのマレーシア(スランゴル スバン・ジャヤ)から 届いた甘くせつないシュガーパンク。構成メンバーが Haziq、Juju、Afir らの3人 からなるトリオなバンドでメンバーそれぞれの音楽的な個性や才能をマッシュアップ するバンドという意味でバンド名がマッシュ。ちなみに「Juju」がベース。 We a bunch of ‘sugar-high’ pop punkers. Facebook: http://www.facebook.com/wearethemash Twitter: http://www.twitter.com/wearethemash YouTube: http://www.youtube.com/wearethemash Soundcloud: http://www.soundcloud.com/wearethemash Reverbnation: http://www.reverbnation.com/wearethemash

一人ぼっちの夜

「一人ぼっちの夜には、上を向いて歩こう。」 ってそのむかしむかしにとても有名な曲がありました。 「にじんだ 星を数えて」と言われてもそうそう なかなか星なんて数えるくらい見えないんだけど。 その有名な曲のなかではたしかに星を数えてました。 さそり座の星でも数えてたんでしょう。 今日はそんな、 「思い出す 夏の日、一人ぼっちの夜」にちなんで 一人ぼっちの床。ゆかをとこって読むなんて何年ぶり のことでしょう・・・。笑っちゃますね。 Mieke – Sleeping Alone Mieke – Sleeping Alone カナダ、トロントの注目株SSW。素敵な曲なんだけど 暗い情感を漂わす曲なので夏に聞くと暑苦しい。 Mieke https://www.facebook.com/miekemakesmusic

涼しくイスタンブール~夏の涼作戦第2弾

暑さに任せて、「地球温暖化には反対。」 と小さな声でブツブツつぶやいてみても、所詮、 詮無いわけ・・・、トホホ。_orz クソ暑い日に風鈴の音をきいて涼しさを感じる という古くからの習慣がありますが、やっぱり なんと言っても、夏の暑さを吹き飛ばして たいそうゾクっとひんやり涼しくしてくれるのは 稲川淳二に代表されるような怪談なんだろう。 本日紹介する Tuğçe Kurtiş の Urfa’nın Etrafı も ある意味で、怪談みたく不気味。 つーか、Tuğçe Kurtiş にせよ、Urfa’nın Etrafı にしろ じぇんじぇん読めないし、訳がわからない不気味さがあります。 読めないけど、調べてわかったことは、Tuğçe Kurtiş さんは トルコ、イスタンブール在住の女性ボーカルで、彼女が歌っている Urfa’nın Etrafı は(これも読めない・・・意味もわからんアカン) トルコ南東部に古くから伝わるトルコ民謡。脈絡もなく、訳がわからない 不気味さがあります。さらに。さらに。さらに。さらに。 この曲のサウンドを作ってる人物がパラグアイ出身の男性、 Santiago Ferreira さん。ラテンばりばりの NuJazz 志向の サウンドプロデューサーらしい。現在、米アトランタで音楽を作っています。 ムムム。 トルコとパラグアイの接点がどうにもこうにもよくわからない。ムムム。 訳がわかりません。トルコとパラグアイの会話ってナニでしょう?ムムム。 しかも。パラグアイの首都ってアスンシオンってのもぜんぜん 知らないわけで。どうでもいいですが。恥ずかしながら、南米のどこなのかも よくわかりません。ウルグアイもよくわかんないけど。ムムム。休題。 Tuğçe Kurtiş – Urfa’nın Etrafı ぼくには、「訳がわからない不気味さ」についつい惹かれてしまう性向が 少なからずあるものの。(おそらく、訳がわからない状態に溺れることが楽しいんでしょう。) それゆえ、夏だから、みたいな、風物詩ライクに「訳がわからない不気味さ」に 涼を求めてるわけでもない。 だけど。 この曲が夏の暑さを吹き飛ばしてくれる「涼しさ」に…

VITNE (ヴィトネ)

日本が大好き。GACKTが大好き。 ロック·アイコン~ビリー·アイドルが大好き。 ほんでもってキッスの影響があり舛 3どめの登場です。 VITNE (ヴィトネ) – Endless Blue VITNE (ヴィトネ) – Endless Blue The lesser-known cousin of Billy Idol and Gackt. 音楽は私のカラダにながれている血である。あなたは 音楽が私のライフラインだと言えるでしょう。私が? あなたには私が見えない場合があります。 私はときとして変装することがあります。 昼間はヒトのかたちでも、夜には・・・。 例えば、以前にやっていたロックバンド、ロックハルトの 音楽聞いたことがありますか? それは私です。正確に言うとわたしの一部です。変装 していたのです。はっきり輝きますか? 私は俳優です。 私の音楽は私自身でもあり、私の物語をズバっと表現しています。 私自身や私の物語を感じていただけたら、私は感謝することでしょう。 あなたが私のそぼに居てくれたら誇りに思うことでしょう。 私は吸血鬼のための音楽、ときとしてハードに、ときとして パーティーで楽しめる音楽を作ります。 私の音楽をきいてくれたらあなたを鼓舞します。 ドリームと希望を与えます。 私の名前はジョーであり、私はVitneです。 Twitter: http://www.twitter.com/VITNEOfficial facebook: http://www.facebook.com/VITNEOfficial soundcloud: http://www.soundcloud.com/vitneofficial CDのお求めはロックスターレコード http://rockstakk.shop-pro.jp/?pid=91607166 カリフォルニア州チャールストン出身。海をこよなく愛し、海辺で幼少時代を過ごす。夢想家。幼い頃バイオリンで最初に音楽を触れ、現在も演奏するフルートの魅力を発見する。長年に渡りアメリカングラム(またはヘア)メタル、また日本のロックを深く鑑賞し、その影響は彼の作品の中に多く表れている。モトリー·クルー、キス、Xジャパンといったバンド、特にソロアーティスト、ビリー・アイドル、ガクトからは常に大きな影響を受けている。ノルウェーへ移住した後、2010年から2012までノルウェーのヘア・メタルバンド SEKSのフロントを務めツアーを行い、AORマガジンやSleazeRoxxといった著名な雑誌からの認識を受ける。バンドの分裂にあたりソロ活動を開始し、ソロデビューアルバム”Neon”へと至る。2013年はヴィトネにとって大きな転換の年となり、最初のソロプロジェクトとなった4曲入りミニアルバム”Not Far From Shallow Water”をリリースし、自身がディレクターを努めた2作のミュージックビデオクリップを制作。MTV全盛期時代の中で育ち、ミュージックビデオの重要さと影響を強く感じたところから、このビデオクリップは出来上がった。”Destroyer”はこの冬発売される”Neon”からのファーストシングルとなり、2013年8月のアカデミアミュージックアワードで”ベストミュージックビデオ”を獲得。2013年12月3日、彼の音楽的影響が最大限に反映されたソロデビューアルバム”Neon”をリリースする。マヒュー・ショーン・レイノルドがミックスを行い、東京CDセンターの山口貴規がマスタリングを手がけた。英語とノルウェー語を話せる他、現在日本語を習得中。 日本語、中国語サイトも運営している。…

忘れかけてた魔法はJOY

生真面目さんは ごくろうさん あの頃の僕らは どこへ行っちまった  探しにいくのさ JOY!! JOY!! と、以前に歌ってたアイドルたちがいた。 ちかごでは、探しにでかけると出会うジョイは オーストラリア、ブリスベーンの17才、 オリビア・マッカーシーこと、JOY、シンガーソングライター。 ぜんぜん17には見えないんだけど、生の17才。 音楽のほうはあんましナマでもないしリアルな感じもしない。 JOY – about us 忘れかけてた魔法とはつまり JOY ってわけでもないか・・・ _orz JOY http://www.facebook.com/joy.official.aus 好奇心旺盛な、 とってもニッチな音楽ファンのために~ 世界各地から話題のインディーズ音楽を mp3で発掘する、 ポップでロマンチックな音楽ブログ。 http://music-islands.com/blog/