しょうしせんばん GBG Belongs To You
description

しょうしせんばん GBG Belongs To You

あほくさくてどうでもいいんだけど。 映画「クレヨンしんちゃん」の主題歌は 「どこか遠くの街では 出会ったことない誰かが  同じような日々を生きてて  同じようにこっちを思い描いてて  いつか会える日のことを  想像しているのかな? 」 「繋がっているよ 離れていても  繋がっているよ なにがあっても  きっと きっと 会いにいくよ  君と笑い合えたらいいな」 さすがにこんな歌詞では、 映画『君の名は。』の主題歌と間違えて つくってしまったんだろう。と言われても しかたがないってものだ。 そんな高橋くらい多いガイジンのなまえ、 ジョエル。 5月のジョエルはバッドパンダからの …
力の限りを尽くして気迫に満ちたかんぺきブス Deerful
description

力の限りを尽くして気迫に満ちたかんぺきブス Deerful

Deerful – Some Nights Deerful – Some Nights ロンドンのインディーなシンセポップ。 26から音楽をはじめたおんなの子。 さいきんはブサイクなコの定番、ウクレレに 心頭ちゅう。おもちゃをもらったときの こどもみたいだ。 君こそがパンペキかもしれない 死力を尽くして精一杯掲載します 精一杯がむしゃらな本気の1曲です Deerful – Subjects Of …
死んだほうをマシマシだ
description

死んだほうをマシマシだ

死んだほうがましだ。 生きてることが幸せとはかぎらない、 死んだほうが楽チンになる人もいるんだよ。 とうたっとるアメリカ人がいる。 (注・しかもデモテープ。) ちょっとちがうだろ。 死んだほうをマシマシだ。 曲のひどさは、 ブルゾンちえみがキャリアウーマンのネタで つかってる汚い曲とどっこいどっこい くらいなんだろうか・・・。よくわからんけど。 they. – 私はむしろ死にたいです デモ 彼ら – 私はむしろ死にたいです 悲しいかな!時はどこへ行ったのか 深い息来へわたしは落ちて行くのではないか 世界は眠っているーー ああ!ああ! …
サンフランシスコの大聖堂
description

サンフランシスコの大聖堂

CATHEDRALS – Want My Love CATHEDRALS – Want My Love 大聖堂はキリスト教にとってかなり重要かもしhれないけど インディーポップ界では然程大きな意味はもたない。 このまえシネマティックな「Don’t Act Like A Stranger」をリリース したばかりの、米サンフランシスコで活動する男女エレクトロデュオ Cathedrals (Johnny …