Kathleen Emery
description

Kathleen Emery

Sometimes I Feel Like a Motherless Child (mp3) 時には母のない子のように。 Motherless Child Blues とともに黒人のための スピリチュアルソング。 ジャズマンレコードってレーベルは、キャスリーン·エメリーが1970年に ラブレコードから発売し、今ではすでに絶版になってしまった曲、 「Sometimes I Feel Like …
Blue Turner (ブルー・ターナー)
description

Blue Turner (ブルー・ターナー)

Boom Boom Boom (mp3) Blue Turner (ブルー・ターナー) http://artists.topmusic.jp/blueturner http://www.blueturnerguitar.com/ Blue Turner (ブルー・ターナー)は、カナダのトロントで生まれた。そして、8歳でギターのレッスンを始めました。十代の頃は、様々なバンドに参加してで学校のダンスパーティーなどでギターを演奏しました。大学を卒業後、まもなく彼はバンドのメンバーと一緒にライブツアーにでて、各地のクラブやフェスティバルで演奏しました。 「そことき、21歳でした。北米各地からいくつかの悪名高いギャングのバイク野郎が集結して開催された野外音楽フェスティバルがカナダのケベック州でありました。ぼくたちのバンドがこれに参加してステージで演奏したとき、悪名高いバイク野郎のギャングのボスたちに気に入られ、ボス並みの待遇をうけました。ボス向けに用意されたトラックいっぱいのビールを好きなだけ飲むことができたし、VIPなクラブハウスにも自由に出入りすることができました。」、当時、毎週末はライブをやってました。 翌年、彼はトロンにあるハンバー·カレッジの音楽プログラムでジャズギターを専攻し。3年間、ジャズギターを学習し、それと同時に地元の楽器店でギターを教えてました。生徒はのべ30人。 大学卒業後、ブルー・ターナーは、引き続き音楽の道を歩み続け、その後、グラミー受賞アーティスト、Juno Award といっしょにライブツアーをし、また、1970年代フォーク·ポップグループマイルズ&レニーのマイルズ·コーエン (Myles Cohen)と出会います。 マイルズは、彼のギター演奏よりもむしろ、彼に曲を作ることをすすめ、彼の才能に注目しました。マイルズの助言に従って、ナッシュ、ロサンゼルス、カナダの3の音楽出版社と契約しました。そのおかげで彼が作った曲をアメリカの新しいアーティストに提供しその曲がヒットすることになりました。ちなみに彼のウェブサイトをはじめ、Facebook …