JK (Jason Kerrison ジェイソン・ケリソン)

I Don’t Care What They Think JK (Jason Kerrison ジェイソン・ケリソン) – I Don’t Care What They Think 今回は経歴をみるかぎり、ニュージーランドのわりといけてるミュージシャンのようだ。ニュージーランドと言われてもよくわからないけど、地元ニュージーランドの人気バンドOPSHOPのリーダーとして知られるジェイソンは、これまでにニュージーランドの音楽業界で数々の成功を収めてきました。NZ Music Awards(ニュージーランド・ミュージック・アワード)を9回受賞。その他にもAPRA Silver Scroll Award(APRAシルバー・スクロール・アワード)のソング・オブ・ザ・イヤー、アルバム「You Are Here」「Second Hand Planet」及び「Until the End of Time」ニュージーランドのプラチナディスクなどの受賞、なかなかのものだ。 OPSHOPでの活動後、ジェイソンはさまざまな要素を取り入れたヒップホップグループThe Babysitters Circus(ザ・ベイビーシッターズ・サーカス)を結成。ニュージーランドのバンドとして初めて、オランダとイタリアのラジオ局でオンエアのトップ5入り。2012年と2013年には、ニュージーランドのテレビ番組New Zealand’s Got Talent(ニュージーランド・ゴット・タレント)の審査員として出演。2011年にはその音楽活動が評され、エリザベス2世により創設されたNew Zealand Order of Merit (M.N.Z.M.)(ニュージーランド・メリット勲章)を授与された。相当なもんでしょ。 そんなジェイソンは。 大人気コンテンポラリーバンドのメンバーJK(ジェイ・ケイ)[Jason Kerrison(ジェイソン・ケリソン)]は、デビューソロアルバム「#JKEP1」を2015年3月18日にiTunesでリリース。 その5曲入りミニアルバムは、アコースティックとデジタル要素を組み合わせたストンプ(足踏み)ポップを収録し、聴く者の魂をくすぐり心に語り掛けると同時に、自然と踊りたくなるようプロデュースされている。 シングル「You Want Me As Me」は既にニュージーランドのラジオ局でヘビーローテーションとなっている。The Hip Op-eration Crewをフィーチャーした「I Don’t…

明日はとけてしまう

新しい年度のスタート サクラも咲いて ずいぶんすっかりあったかいんだけど。 本日は春を待ってる「冬」のうたをお贈りします 辻林美穂 – あした Miho Tsujibayashi – Ashita 明日には消えてしまうのかな かじかんだ指に 息を吹きかけて いつもより早足で帰る すぐに会いたいから 綺麗な瞳に映り込む私 紅く冷えた頬を包んでくれる その掌 甘くとろけるような 二人だけの世界 音を立てて崩れてゆく 明日は溶けてしまう ビルにふり掛かった雪 いつまでも あなたのとなりで 微笑んでいたいのに 辻林美穂 http://meivtsvaci.wix.com/tsvaci 1991年生まれ、静岡県三島市出身。 2014年に昭和音楽大学作曲学科デジタルミュージックコース卒業。

ケブラーダに咲く花

ケブラーダに咲く花とは言うけれども。 南米アルゼンチンの世界遺産ケブラーダという渓谷に 咲く花のうたなんだろうか?ひょっとするともう少し 北にあるメキシコアカプルコの断崖絶壁から海へ飛び 込む伝統行事ケブラーダに関係する花なのか。まさか プロレスのかっとび技、別名アサイムーンサルトに 捧げるうたじゃないよな。教えてください、エクアドルのひと。 Mariela Condo – Flor De Quebrada Mariela Condo – Flor De Quebrada (エクアドル) (昨年2月の「じぇじぇじぇのミュージックアライアンスパクト」で いちど掲出しています)

喫茶ミュージックアライアンスパクト

Caro Kissa – Saturday Morning Caro Kissa – Saturday Morning 海外の30くらいの音楽ブログが集結する月イチ企画、ミュージックアライアンスパクト。 例年通りなんですけど。ボクといえばハナミズずるずる。 花粉症のせいかハナミズが止まらないことにとても困っています。 それはさておき さて今月のミュージックアライアンスパクトからはジャパン大阪のインディーポップユニット、 キャロキッサ。と或るページで「計算され尽くしたシンセ&弦楽器のアンサンブルをサラッと聴かせる」 とレビューされてるんだけど・・・ アレアレ。これで計算し尽くしているってウソでしょ。ともおもた。 土曜日っぽいというよりもむしろ春っぽくていい感じ。 Caro Kissa – Perfect Dream 無料ダウンロード (Ano(t)raks) https://anotraks.bandcamp.com/album/perfect-dream-ep Indie-pop shall truly never fade out of style. As long as there are young people out there with access to some instruments and a computer to record with,…

リヨン

LYON – Cut Me Loose LYON – Cut Me Loose 花粉がモーレツに飛び交うなか、 カナダ、トロントの女性ポップボーカルさんが 歌う、「自由になる、羽目をはずす」 好奇心旺盛なとってもニッチな音楽ファンのために~ 世界各地から話題のインディーズ音楽を発掘する、 ポップでロマンチックな音楽ブログ。 http://music-islands.com/blog/

子供みたいなうた

「旦那が下品過ぎて困っています。 大の大人に子供みたいな行動取られると 本当にイライラします。」 そんなイラつくあなたのために ケベック出身のシンガー・ソングライターで ピアノの弾き語りを得意とする、 クール・ド・ピラトの「まるで子供みたい」 Coeur De Pirate – Comme Des Enfants Coeur De Pirate – Comme Des Enfants Alors tu vois, comme tout se mêle Et du cœur à tes lèvres, je deviens un casse-tête Ton rire me crie de te lâcher Avant de perdre prise et d’abandonner Car je ne t’en…

Maggie Szabo (マギー・サーボ)

Maggie Szabo (マギー・サーボ) – Tidal Waves and Hurricanes Maggie Szabo – Tidal Waves and Hurricanes 動画サイトのユーチューブで1300万ページビュー達成!、本日紹介するソウルフルな女性シンガー、マギー・サーボはカナダ、オンタリオの小さな町出身。そして今現在、ロサンゼルスで注目を浴びながら活躍する素晴らしいシンガー、歌手です。 マギーは、オンタリオ州の町、ダンダスでこども時代から作曲をはじめ、高校卒業後にはナシュビルに移って作詞、作曲、ソウルフルでポップなシンガーとしての腕を磨きました。そしてデビューは2012年11月。カナダ、オンタリオのライナスエンターテインメントレーベルから Justin Gray (Joss Stone)、Gavin Bradley (Nelly Furtado) 、Tanya Leah らのプロデュースによるアルバム「Now Hear Me Out」。このときのリードシングル曲「Lovesick」がカナダ各地のラジオ局でヘビーローテーションとなり一躍有名になりました。 ロサンゼルスに住んでからの彼女は、Viper Room、House of Blues、the Hotel Café といったライブハウスでのライブチケットがソールドアウト状態。そんななかで出来上がった楽曲が今回の試聴曲「Tidal Waves and Hurricanes」ミュージックビデオも抜群の出来栄え。また昨年、カナダのトロント・インディーズアワードの最優秀ベストポップ賞を受賞しました。急速にファンを獲得中。ソーシャルメディアの反響も大きいです。そして彼女はすでに次のアルバムに向けた創作を開始。また同時に次のライブツアーの準備をしているところです。 Maggie Szabo is a soulful Canadian singer who’s won over audiences worldwide with her catchy…