For Tracy Hyde

For Tracy Hyde – First Regrets

Audio clip: Adobe Flash Player (version 9 or above) is required to play this audio clip. Download the latest version here. You also need to have JavaScript enabled in your browser.

映画「小さな恋のメロディ」にでてくるオンナの子役がトレイシー・ハイド。
自称は事柄に関係してるんだろうか・・・。

暑い東京のヤングでシューゲイズなインディー・ユース・ポップバンド。
へっぽこピ~でローファイなシューゲイズサウンドに。

感情の起伏がめちゃめちゃ少なくて、線の細~い女の子(ラブリーサマーちゃん)の
ボーカルが乗るどっかで聞いたことが絶対ありそな平成史上最高のポップソング。
Flipper’s Guitar → 相対性理論 路線かも。

For Tracy Hyde
http://fortracyhyde.bandcamp.com/
Lovely Summer (Vocals)
Natsubot (Guitars)
U-1 (Guitars)
Mav (Bass, Percussion)
Marcie (Drums)

2015年5月、
ラブリーサマーちゃん脱退。残念。

eureka (Vo)、夏bot (Gu)、U-1 (Gu)、Mav. (Ba)、まーしーさん(Dr)による5ピース・バンド。2012年秋、夏botの宅録プロジェクトとしてU-1と共に活動開始。ツイッターでメンバーを集めMavとまーしーさんが揃う。2014年、ラブリーサマーちゃん(Vo)が加入し、女性ボーカルの5ピース・バンドとして原形が出来る。同年5月に初の自主制作CDとなる1st EP『In Fear Of Love』を全国各地のレコード店にて無料配布。配信も含めて3000部近く配布し話題となる。同年8月には2nd EP『Born to be Breathtaken』をライブ会場限定にてステッカー、バッジ形態で販売。同時にiTunesで配信しオルタナティブ・チャートで最高4位を記録。2015年5月、ラブリーサマーちゃん脱退に伴い、新ボーカリストにeurekaが加入。シューゲイザーや渋谷系、60年代から現在までの様々な音楽を自由な発想で取り込み、中高生から〈Creation Records〉にリアルタイムで触れた40~50代まで、幅広いリスナーの日常に彩りを添える「21世紀のTeenage Symphony for God」を作り出す。

For Tracy Hyde (フォー・トレイシー・ハイド)

For Tracy Hyde In Fear Of Love First Regrets

For Tracy Hyde In Fear Of Love First Regrets