GWスペシャル – 7年まえのこと

7年まえのこと。 7年まえにノルウェーのソロ女性がソロなのに ソロの名前じゃない名前で発表したどんよりと 曇ったまんまのドリームポップ。 大貫妙子を吸血鬼にしたような顔でこわいヨ 空にロケット – 灰色おとこ Rocket To The Sky – Grizzly Man I’ve been watching him for seven days His hands pale hee-ho-hee-ho-hee-ho knuckles moving beneath the skin foetuslike hee-ho-hee-ho-hee-ho I’ve caught seven foxes and placed them on the river bank each night I give him one hee-ho-hee-ho-hee-ho counting down the days…

GW 山ガールのためのアララト山

地震の直後で恐縮です。 トルコには標高5,137mの火山、アララト山がある。アルメニア語で 書くと表記はԱրարատ それと同じ名前で今年デビューしたアラバマ 出身3人の音楽ユニット、Մասիս (mAsis) 繊細でエレガントな エレクトロポップ。男女デュエットが特徴。Rhye, BANKS 好きなひとはぜひ。 甘くてリラックスできる曲にゆったりと浸ってくださいませ Մասիս (mAsis) – Make Me Higher mAsis – Make Me Higher https://soundcloud.com/masismusic/

GW 番外地 – ぐるっと大阪環状線のうた

ひょっとしたら鉄道をタイトルにした曲っては、 こんな世の中にはそれほど多くなくて。しかも。 ガイジンが作った大阪環状線の歌なんぞ、これ以外に ないかもしんない。否、あるかもな。否、ないでしょ。 大阪環状線の歌をつくる動機とか機会で想像すると そんなもんがどうしてでてくるんだろ?フツーはぜんぜん ないでしょ。(大阪環状線の発車メロディーはあったとしても) ヴァンパイア・ウィークエンドのキーボーディスト、 ロスタム・バットマングリジのエレクトロポップな ソロプロジェクト、ディスカバリーが2012年に 発表した曲、大阪環状線。 Discovery (ロスタム・バットマングリジ) – Osaka Loop Line (大阪環状線) Discovery – Osaka Loop Line Discovery – Osaka Loop Line In Osaka I saw you last Your face pressed up against the glass Across the tracks you’re looking at As bullets pass behind your back And I…

GWスペシャル – 琴美

2011年当時に日本テレビで放映していたドラマ、「デカワンコ」(原作・森本梢子)に出演していた女性ピン芸人・渡辺直美の婦人警官の役名が青木琴美だった・・・ Kotomi – The Last Time Kotomi – The Last Time this isn’t permanent, no my red lipstick perfectly set the temperature of your breath let’s try to make it go slow all the brilliant colors at dusk burning heat, undying lust i didn’t know it was the last time we’d talk if i had…

GWスペシャル – ビリンダ・ブッチャーズ

ビリンダ・ブッチャーズ(The Bilinda Butchers)はサンフランシスコの3人組バンド。日本が大好き。2007年結成。チルウェイヴに影響を受けたドリーミーでリラクシングなインディーポップサウンドが特徴。水彩絵の具がゆっくりと広がるような色彩感溢れるシューゲイズ。バンド名はシューゲイザーバンド、My Bloody Valentine の女性ボーカルの名前を取ったものである。 The Bilinda Butchers – Seafoam Green The Bilinda Butchers – Seafoam Green The Bilinda Butchers https://www.facebook.com/thebilindabutchersmusic

Big Phony – Bedford Stop

Big Phony – Bedford Stop Big Phony – Bedford Stop (SOUTH KOREA) 「Bedford Stop」は「I Love Lucy」の流れを汲むセンチメンタルなナンバーですが、以前より幾分ギターの音色が洗練されており、アルバムとしてもそのニュアンスが感じられるかも知れません。 “BEDFORD STOP” https://www.facebook.com/bigphony I’ll meet you in the afternoon Don’t worry, I can come to you I’ll meet you at the Bedford stop Won’t matter what you say I only need to see your face and I’ll know what…